攻略本紹介 風来のシレンシリーズ ~ナンバリング作品編~

トルネコの大冒険シリーズに続き、風来のシレンシリーズの攻略本をご紹介!
今回は前半として、ナンバリング作品の攻略本をご紹介させていただきます。


私が持っているのはこの8冊!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不思議のダンジョン2 風来のシレン

風来のシレン公式ガイドブック

全208ページ+折り込み(表:こばみ谷モンスター分布図、裏:索引の巻物)。
1995年、チュンソフト出版。

テーブルマウンテン攻略までに特化した一冊。
杉並の旧街道、山間渓流、天馬峠と階層ごとにしっかりと攻略情報があります。

剣や盾のイラストに加え、アイテムのイメージイラストが豊富!
杖なら杖全種(こばみ谷時点)のイメージイラストがあり、見ていて面白い。
背中の壺や遠投の腕輪はかなりインパクトがあります…笑

モンスターについては下記のプロフェッショナルより対処法などが詳細。
モンスターの危険度を四段階(特A・A・B・C)で表しているのも新鮮!
遭遇時の平均的なシレンの強さとの比較であり、相対的な強さらしいのですが、
とおせんりゅうがC(最弱)なのは納得いきません。相対的になら特Aなはず!笑

テクニックについてもギタン投げから各種泥棒テクニック、
モンスターハウス打開法、ガマゴン狩りなど充実の内容です。
クリア後ダンジョンについては「公式ガイドプロフェッショナルを待て!」
と記載されている通り一切載っていません。笑

風来のシレン公式ガイドプロフェッショナル

全176ページ。1996年、チュンソフト出版。

クリア後ダンジョンに特化した一冊!と思いきや、
各種クリア後ダンジョンの詳細な攻略情報は載っていません。
モンスターの出現テーブルも各ダンジョンの51階まで。

一方、アイテムの説明・モンスターの対処法・イラスト等は少な目ですが、
プレイ中に使うデータ集としてはなかなか優秀です。
全アイテムの値段表(杖・壺については回数0~10まで)、
全モンスターのHPや経験値(攻撃力は☆で表示など一部はマスクデータ)など。

袋とじはフェイの問題50問の全解答や泥棒テクニック、無限分裂など、
さらに各種ダンジョンの簡潔な攻略も。

フェイの最終問題なら無限分裂とアークの肉でクリア!くらいです。
魔蝕虫の倒し方→魔蝕虫以外の敵を一種類ずつジェノサイド→タイマンに持ち込め!
には思わず笑ってしまいました。プロフェッショナルとはいったい…笑

風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!

風来のシレン2公式ガイドブック

224ページ+折込(表:アイテムチェック表、裏:モンスター分布図、鬼ヶ島15階まで)。
2000年、チュンソフト出版。

ゲームスタートから鬼ヶ島15階までの攻略がメインの一冊です。
16階以降は?→「公式パーフェクトガイドを待て!」…そういうことです。笑

キャラクターのポリゴン絵、装備やモンスターのイラストは豊富。
城材やモンスターのりうつりについてもしっかり記載されているのは流石です!

すぎやまこういち氏へのインタビューは本書の特筆すべき点。
風来のシレンの和風音楽について、レベルアップ音の着想、
中村光一氏との出会い、ゲーム機という楽器など非常に興味深い3ページです。

風来のシレン2公式パーフェクトガイド

240ページ+折り込み(壺の識別チャート&アイテム価格表)。
2000年、チュンソフト出版。

鬼ヶ島後半からクリア後の各ダンジョン攻略まで。
パーフェクトガイドの名に恥じぬ各種ダンジョンの攻略がしっかりしています。
例えば最果ての道は20ページも記載があり、
シリーズでは珍しくクリア後ダンジョンの詳細な情報が載っています。

ひどい倒れ方を集めたコラム漢の散り際や黄金の間の情報など、
いろんな意味で完成度の高い一冊です。

さらに風来のシレン2製作スタッフによる四方山話!
中村氏、長畑氏、冨江氏など七人による製作裏話です。
子供シレンと城造り、モンスターの選抜、仲間モンスターやボス、
マップの新仕様、難易度とBGM、シレンボードゲーム化計画?など、
シレン2ファンにはたまらない6ページかと!

風来のシレン2テクニカルガイドブック

224ページ。2000年、エンターブレイン出版。

大丈夫。ファミ通の攻略本だよ。でお馴染みの攻略本です。
ゲームスタートからストーリー鬼ヶ島+神社の隠し穴までをサポート。

公式ガイドブックよりもより初心者に優しい作り・内容で、
一冊で全モンスターを記載しているため入門には向いているかも。
アイテムはイラストこそないものの効果値段などが見やすくまとまっています。

製作スタッフインタビューでは長畑成一朗氏が登場!
チュンソフト入社まで、トルネコからシレンへ、四年超の開発期間、
難易度と緊張感、意地悪な部分と気持ちいい部分、トルネコとの違い、
やり残したことなど怒涛の7ページ。

さらに中村光一氏へのインタビューもあります!
ゲーム作りのきっかけ、社長の仕事、ゲームデザイナーになるのに必要なもの、
ローグとの出会い、シレン2のできばえ、今後の野望、ファンに一言など、
ちょっと不思議な5ページです。

風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫

存在しません。

風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ

風来のシレン4オフィシャルガイドブック

112ページ(索引なし)。2010年、エンターブレイン出版。

ゲームスタートからストーリークリアまでが主な内容。
ページ数からもわかる通り内容は薄く、
ゲーム発売からの速さを売りにした一冊だと思われます。

あえてポイントを挙げるなら、キャラクターの大きい立ち絵が載っているので、
キャラ資料として使えるかもしれません。

ただし、パッケージ絵などすべて他でも見られるものです。
今更これを買うのは…よほどの物好きだけでしょう、私のような。
そもそも今の時代に攻略本自体が…

風来のシレン4オフィシャルコンプリートガイド

368ページ(索引なし)。2010年、エンターブレイン出版。

ということでこちらが完全版です。全四章。

1章システム解説。ボーグマムルの要求アイテムやバナナ王子のバナパワー、
タグシステムの詳細な説明、技の全習得方法などかなり充実している。

2章テクニック集。石像の洞窟の全解法が載っているのは嬉しいが、
あとは杖や壺の識別チャートくらい、泥棒テクニックなどが一切ないので寂しい。

3章ダンジョン攻略。ストーリーダンジョンからクリア後ダンジョンまで全て。
一部ダンジョンの最深部にある特殊フロア(お宝フロア)の解法や、
モンスターの出現分布図は便利なものの、肝心の攻略情報についてはかなり薄い。
浜辺の魔道の攻略ページが2ページ、こう言えばご想像いただけるかと思います。

4章データ解析。モンスターとアイテムのデータ集。
モンスターデータはHP・経験値などは明記されているものの、
攻撃力や防御力についてはマスクデータ扱い。不思議のダンジョン系のお約束ですが。
武器や防具は装備時のグラフィックが載っているので好きな人には嬉しい。
ただ、杖や壺の詳細な値段表がないのは少しがっかりなところ。
(シレン4・5の値段識別はちょっとわかりづらいので仕方ない気もします)

風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス

風来のシレン5完全踏破マニュアル

352ページ(索引なし)。2011年、エンターブレイン出版。

風来のシレンで最も新しい攻略本…最後の攻略本ではありませんよ、たぶん。
存在自体知らなかった方も多いのでは?かなり希少な一冊。現在ややプレ値。

基本的にシレン4のオフィシャルコンプリートガイドに準じた構成。

システム紹介。技の習得方法や仲間の能力など基本的なものから、
新種道具につく可能性のある効果一覧とやりこみ派にも嬉しい内容。
キャラクター紹介は一人1ページ、立ち絵・ドット絵を使いかなり豪華な仕上がり。

ダンジョン攻略。ストーリー~クリア後まですべてのダンジョン。
攻略情報は1ページの半分でちょこっと触れているだけとほぼないようなもの、
モンスターの出現分布図も縦に並んでいるため見づらくなってしまった。

ゲームが複雑なのでしっかり攻略情報を書こうとすると、
一つのダンジョンだけで膨大なページ数に…なので仕方ない気もします。
石像の洞窟全150問の解法はしっかり載っています。

データ集。モンスター&アイテムのデータ集。
モンスターや装備のドット絵が好きな人には見ていて楽しい内容。
ジャックワンド種まで載っているのはなかなかにマニアック!

キャラクターやモンスターのドットが色んなページで登場し、
攻略本というよりファンブックとしては魅力的なデザインになっています。
特にカバーを外した本書のデザインはかなりゲーム愛を感じられる作りです!

そして、外伝・リメイク作品へ…