ドラゴンクエストビルダーズ2の発売決定!

ドラゴンクエストビルダーズ2の発売が決まったので、
現段階で公表されている情報と個人的な希望を!
ドラクエビルダーズは大好きな作品なので、続編の発表を心待ちにしてましたよ!

スポンサーリンク
PC広告




ドラゴンクエストビルダーズ2発表

発売時期

2018年夏?

詳しくはわかりませんが2018年の夏?予定みたいです。来年が待ち遠しいですね。

発売ハード

PS4と任天堂スイッチ

前作をPSVitaで遊んだ身としては少しさびしいですが、流石にVitaだと限界なのでしょう。
発売はソニーと任天堂どちらも最新ハードなので、内容の進化に期待大です!

物語の舞台

旅の仲間少年シドー

ドラゴンクエストⅡのシドーと何か関係が?
ドラゴンクエストビルダーズはドラゴンクエストⅠの世界(アレフガルド)が、
冒険の舞台だったので、その続編もやっぱり…
王子や王女たちロトの子孫の登場もあるんでしょうか?ハーゴンさんも?
前作の勇者はアレでしたが…。何らかの形で登場してくれることに期待です!

前作との違い

ダッシュの採用

前作では超げきとつマシンに載ることで高速移動できましたが、
2では常にダッシュ移動が可能に?
この仕様が世界の広さに合わせた調整だとすれば…

ブロックの斜め切り

ブロックの形をある程度変えられる?切るというか削ってるような…
テラリアのハンマーでブロックの形を変えるに近いイメージでした。
建築の細かい表現もこれで…

仲間NPC

前作でも冒険に連れて行けるキャラクターはいました。主にフリービルドモード。
ただし戦闘に参加してくれるのみ。特殊な会話などもなく、あくまでも趣味の領域でした。
2では仲間が素材集めをしてくれる?AIやシステムの進化に期待です!

水中

海に落ちると暗転ダメージで強制的に地上へ戻されていた前作から大幅に進化!
遂に水中で活動が可能に!?海でマーマンや巨大な大王イカと戦えたら最高です。
水抜いたらどうなるのか…海を越えて目的地に行けるとしたら…など妄想は尽きません!
泳ぎモーションがどのようなものになるか?も気になります。
開発中だと立ち泳ぎスーパーマリオブラザーズのマリオのような泳ぎ方でした。

ブロックの高さ制限

前作の不満点や批判点として一番多かったと思われる部分です。
前作の32ブロックから地上64ブロック地下32ブロックと大幅にパワーアップ!
前作の3倍と考えると、とても広大な世界に…!

高所の水と流水

前作では水を配置できる高さは厳しく制限されていました。
ですが2では制限がなくなり、高所にも水を配置することが可能に!
それにともない流水表現も追加!おそらくVitaが消えた理由その1。
一見地味ですが、建築に力を入れる人ほど嬉しいポイントだと思われます。
純粋に世界に広がりを感じられそうなのが、個人的には嬉しい限りです!

風のマント

前作の2倍の高さまで行けるようになっただけではなく、
更に高所から風のマントを使って滑空することができるように!
風のマントというアイテム名からもドラクエⅡ感がバリバリ出てますね。笑
風の塔が存在するのか、それともまさか自分で建築するのか…そこら辺も楽しみです!

マルチプレイ対応 最大4人

遂にドラゴンクエストビルダーズでマルチプレイが実現…!Vitaが消えた理由その2。
建築面では創造神vs破壊神みたいな事になりそうですが。笑
建築した建物で一緒に過ごしたり、未開の土地を一緒に冒険したり…
とにかく夢が広がりますね!

個人的希望

個人的な希望を少しだけ…

ランダム生成ワールド

前作のフリービルドモードの素材島が固定マップだったのが、
個人的にフリービルドモードをあまり楽しめなかった理由の一つです。
ストーリーは固定ワールドで前作同様シナリオに力を入れてもらい、
フリービルドモードはランダム生成ワールドでマルチプレイできたら最高です!

カメラワークの改善

カメラが近すぎたり遠すぎたり、自由に操作できなかったので是非改善を!
建築物の中をせっかく作り込んでも、カメラのせいで上手く鑑賞できなかったりで、
とても勿体ない部分だと思いました。

キャラメイクの強化

前作の主人公はどちらもかわいくて好きなのですが、
もう少し細かく設定できたらもっと楽しめると思います。
マルチプレイもあるので他のプレイヤーとの差別化も兼ねて是非!

NPCの強化

特にフリービルドモードでのNPCは拠点をうろつくだけだったので、
ストーリーモードのキャラと違いあまり愛着が沸きませんでした。
会話パターンだけでなく、軽いイベントや拠点での役割などを追加し、
より個性的なキャラクターと暮らせたら…
さらにNPCの服装のカスタマイズもできたら最高です!

挙げればきりがないのでこの辺で…!笑

そして、長い一年へ…

スポンサーリンク
PC広告