チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮

2007年発売ニンテンドーWiiソフト。
チョコボの不思議なダンジョンシリーズ第三弾!

スポンサーリンク
PC広告




チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮

ストーリー

トレジャーハンターのチョコボとシドが迷い込んでしまった時忘れの街。
そこでは忘却こそが美徳とされ、時計塔の鐘が鳴り響く度、人々は記憶を失ってしまう。
ある日そんな街に現れた男の子・ラファエロ。
彼の不思議な力によって人々は記憶を取り戻していくのだが…

ストーリーは時忘れの街の住民の記憶を取り戻すことで、
過去から現在が推測され、展開されていきます。

キャラクター

チョコボシリーズは同名キャラでもだいたい別人。パラレルワールド?

チョコボ

主人公。今回はシナリオ的に物忘れしないしっかり者タイプ?
チョコボレーシングなどである程度はわかっていましたが、とても機械に強い。とても。

シド

トレジャーハンター。チョコボの相棒。シドとしては珍しく青年。イケメンメガネ
Wii版パッケージの表にも裏にもいないのは一体…やや影が薄い。

シロマ

白魔導士の少女。前作と比べるとかなり活発でおてんば、見た目は幼くなった…?
背負ったまま走り回ってるけど、その杖メッチャ重そう…。今作もヒロインでした!

ラファエロ

時忘れの街の救世主?ストーリーを進めるごとに急速に成長していく赤ん坊。
迷宮を作り出すことで人々の記憶を取り戻すことができる。ラファエロスマイル!

ダンジョンヒーローX

モーグリ。謎のヒーロー。冒険初心者のチョコボに色んなアドバイスをくれる。
シドに相棒を譲るも、死神に代わり店主を務めたり何かと出番は多い。出過ぎ!

イルマ&ヴォルグ

ライバルのトレジャーハンター。チョコボの魔法の絵本の同名キャラとは別人?
ナイスバディな女性とナイスボイスのチョコボのコンビ。ヴォルグさんかっけー…

時忘れの街の人々

個人的に好きなのは、序盤から登場するのもあって鍛冶屋のフレイアさん!
彼女には幸せになってほしい。へそ出しで鍛冶って火傷しそう。

今回は省略しますが、他にも色々と濃いキャラクターが登場しますよ。

ジョブチェンジ

本作のジョブは全部で10種類。
ストーリーを進めることで開放されるものがほとんど。一部はちょっとした隠し扱い。

ステータス補正

HP・攻撃・防御・魔力・精神の基礎ステータスに加え、
命中回避・SP回復速度・満腹度減少速度などもジョブによって変化します。

アビリティとSP

各ジョブのアビリティは、SP(スペシャルポイント)を消費して使います。
SPはゲーム開始時3、ストーリーを進めると7まで上昇します。

SPはターン経過、攻撃する・ダメージを受けるとSPのゲージが貯まっていき、
このゲージが貯まると1SPとして使用可能になります。
またエーテル系のアイテムで回復することもできます。

ジョブ一覧

すっぴん

チョコボの素の状態ですが、独自にアビリティを習得するれっきとしたジョブの一つ。
FF5のように他のジョブアビリティを付けることはできません、残念。

ナイト

序盤の物理職。能力は物理防御型ですが、攻撃力・アビリティは物理攻撃も得意。
見た目は胸当てと甲冑マスクのカシャッと下す部分?が頭に付いた感じです。

白魔導士

防御魔法職。回復呪文とシェル・プロテスによる粘り強さが売り。
見た目は白魔導士ククルに似た猫耳フードタイプ。なにこれ可愛すぎだろ。

黒魔導士

攻撃魔法職。3属性の魔法を本なしで使えます。
見た目はFF世界の黒魔導士のようにとんがり帽子に怪しく光る目、そしてくちばし!

シーフ

モンスターからアイテムを盗む、ドロップ率アップ、倍速化とイメージ通り。
見た目もバンダナに短剣がモチーフのアクセサリー付きマフラーとわかりやすい。

竜騎士

フレイムランスやホーリーランスなど属性付き物理アビリティが特徴。
正気にもどらないことでお馴染み、竜騎士の兜がトレードマーク。

暗黒騎士

HPや防御を犠牲に圧倒的ダメージをたたき出す闇属性の騎士。
紫の鎧に赤く光る眼が特徴。かっこいいがもはやチョコボなのかこれは…

学者

アイテムの識別やマップ表示に加え、薬と本の扱いが得意。
見た目はなんと学者帽に、…メガネ!?あざといかわいい!

忍者

貴重な水属性アビリティ水遁持ち。倍速化、煙玉などで攻防に優れたジョブ。
手裏剣モチーフの額当に鎖帷子のザニンジャスタイル。水遁は貴重だけど使わない

踊り子

周囲を巻き込む範囲攻撃とノックバックが得意な物理職。お馴染み剣の舞も…。
踊り子!というよりはピエロ帽をかぶった芸人スタイル。ものまねし?

システム

伝統要素

レベル継続、装備中のツメ・クラ・首輪は倒れてもロストしない、階段でセーブ(中断)。
初心者でも遊びやすいチョコボシリーズの伝統がしっかり引き継がれています!

変更

TATBから完全ターン制へ

今作はシリーズ伝統のTATB(ターン・アクティブ・タイム・バトル)ではなく、
普通のターン制が採用されています。
遂に不思議のダンジョンシリーズ(トルネコやシレン)と同じ仕様に。

ダンジョン内の店

店にワープするワナに乗ると行ける、独立したフロアにあるお店。
店主はダンジョンヒーローX。店主に話しかけることで無制限に売買ができます。

泥棒は商品が対象ではなく、店主の宝物(泥棒成功まで正体不明)が対象に。
宝物を盗むと店主が襲ってきますが、泥棒の難易度は割と低めです。
あるジョブの解放条件なので悪いチョコボになる必要が…

元気度と実

チョコボ2までの元気度は満腹度に、実は野菜に変更されました。

本のスタック数

スタックの上限99冊から9冊へと大幅に減ってしまいました。
それでもジョブを選ばず各種魔法が使えるので、本はやっぱり便利です!

廃止

パートナー

シドやシロマなど一緒に冒険できそうなキャラクターは多いのですが、
今作のダンジョンは全てチョコボ専用の単体ダンジョンです。

仕掛けの廃止

かまど、たいまつ、発電機、泉、宝箱、リサイクルボックス、棚、
レバー(初代のスイッチ)など、ダンジョンにある仕掛けは全て削除されてしまいました。

空のボトル

恒例アイテム空のボトルも削除。当然モンスターのエキスもありません。

名前変更

やや細かい点ですが、今作ではチョコボや主要キャラの名前変更ができません。
おそらくキャラクターボイスが付いたため。

マッピング

一度歩いたマスはミニマップ上で色が変わる、前作までの仕様が廃止されました。

バランス

モンスター

チョコボたちがややリアル化したのに合わせ、モンスターのデザインもややリアルに。

今作からステータスが攻撃・防御・魔力・精神に増えたため、
弱点のステータスの見極めや弱点属性を突く重要性が増しています。

全体的に自己ヘイスト・スロウ付与してくるモンスターが多いので、
レベル・装備・ジョブをしっかり強化しないと厳しいバランスに。

難易度

ということで、難易度は大きく上昇しているのは確かです。
ただ、チョコボのレベル・装備をしっかり上げると今度は途端に温くなります。

具体的なお話をすると、
新ダンジョン突入時は敵が固くてダメージも大きくてつらいのですが、
そのダンジョンで新しい装備拾い、それをキッチリ鍛えてしまうと、今度は楽勝!
そんなバランスです。

今作は脱出アイテムがなくても、いつでも階段から脱出ができるので、
装備やアイテムを集めながらこまめに帰還していけばクリア自体は簡単!

ダンジョン

ストーリーダンジョン

レベル継続、持ち込み可。

ストーリー進行に合わせて解放されていくメインダンジョン。
各章の終わりには○○の守護者という名前のダンジョンが登場。
炎なら火属性のモンスターや火属性攻撃が多いなど、攻略のヒントにも。

制限ダンジョン

持ち込み不可、レベル制限あり。特殊ルールあり(常時暗闇状態やHP1固定など)。

ストーリーとは独立したサブイベント用のダンジョン。

クリアすることで街の人々の記憶を取り戻すことができ、
結果として新しい店が開店したり、ジョブが手に入る他、
メインストーリーを掘り下げる話が聞けることも。

クリア後ダンジョン

新たにいくつかのダンジョンが解放されます。
100階の持ち込み可腕試しダンジョン、ある人物に関する制限ダンジョン、
強化ボスとの再戦が楽しめるダンジョンなど。

今作の腕試しダンジョンのボスは前作にも登場したあの…

おまけ

牧場生活

小川で釣をしたり畑で花を育てたり牧場生活が楽しめます。
倉庫の拡張や役立つアイテムの入手に繋がるだけでなく、
チョコボゲームの雰囲気作りにも貢献していると思います。
特に釣り竿代わりに尾を使うチョコボは可愛い…!
畑はなんとなく初代チョコボを思い起こさせてくれます。

ミニゲーム

ポップアップデュエル(カードゲーム)、バットシューター(シューティングゲーム)、
キックダーツ(ダーツ)が楽しめます。

最後に

チョコボシリーズとしてみると難易度がだいぶ上がってしまったものの、
街での細かい仕草からムービーシーンの毛並みの表現まで、
チョコボ愛は深く、チョコボゲーとしての完成度はとても高いです。

ジョブチェンジはFFのジョブの特徴がうまく出ていて、面白いシステムだと思います。
ムービーと会話イベントが増加したためテンポが若干悪いことと、
トルネコ3ほどではありませんが、ダンジョン内の挙動が少し重いのが残念なところ。
チョコボに限らずCSローグライク作品は3作目でことごとく高グラフィック化、
結果テンポが犠牲になっているような…

このゲームはWiiリモコンでも遊ぶことができますが、
斜め固定移動などは、クラシックコントローラーがあったほうが快適です。
コントローラーより本体の方が安いってすごい…

そして、時忘れの迷宮DS+へ…

スポンサーリンク
PC広告