アスカ見参をWindows10で遊ぶ!

アスカ見参はWindows10では遊べない…アスカ終わった…、
みたいな噂が風来人たちの間で流れていますが、
しっかりと手順を踏めばWindows10でもちゃんと遊べます!

今回の内容は大きく分けて3つになります。

  1. 本来のゲーム起動までの手順
  2. windows10で遊べなくなった理由
  3. 遊ぶまでの具体的な手順

当時の「買ってもしWindows10で遊べなかったらどうしよう…」
という不安な気持ちは今でもよく覚えています。
こういった不安を解消するのには、なぜ遊べないのか?を理解することが重要だと考え、
今回は2で説明させていただきました。(1は話の流れが自然になるように…)

※具体的な手順だけが知りたいという方は、1・2は飛ばしてください

スポンサーリンク
336-280




本来のゲーム起動までの手順

インストール

ゲームディスクを入れSetup.exeを実行、インストールを開始します。

風来のシレン外伝女剣士アスカ見参の入手…、
ある意味これが一番難易度高いところかもしれませんね。

高すぎる…でも買った値段で売れる?と考えれば初期費用だけ…?
いやでも高い…でもほしい…でも実際遊ぶ時間が…いやでもしかし…、
と私自身長いことぐるぐると悩んでいました。
最終的には買っちゃったんですけど…楽しいからOKです!

この辺を詳しく書いてみました!

アスカ見参の購入を迷っている方に、 救いの手を差し伸べるのではなく、 更...

オフラインパッチ

次にオフラインパッチを当てておきましょう。

オフラインパッチを公式サイトからダウンロード。
http://www.spike-chunsoft.co.jp/games/asukapc/dl.htm
l
問題なくダウンロードできますが、いつからか文字化けが…

AsfPCN1800を実行し、パッチを当てておきます。これで下準備は完了です!

起動すると…

準備完了!という事でゲームを起動しようとすると、
「管理者権限のあるログインでもう一度試して下さい」
と表示されゲームが起動できない、あるいは無反応でどうにもならず…。

この原因が何なのか?起動できなくなった理由を見ていきましょう!

Windows10で遊べなくなった理由

個人的な想像やイメージ、風来人脳?が含まれます、少しでも何かが伝われば…!

SafeDiskの存在

SafeDiskとは?

アスカ見参など古いPCゲームで採用されていたセキュリティシステムで、
ゲームディスクが正規品の場合のみ起動を許可します。

この前時代のセキュリティシステムが現在色々な面倒の原因に…。

secdrv.sysドライバの削除

ゲームディスクが正規品であるか否かを判断するsecdrv.sys、
このドライバがWindows10で削除されてしまいました。

その結果、SafeDiskがゲームディスクを正規品と認識できず、
SafeDiskが使われているゲームが起動不可能に…。

Windows10で古いゲームが起動できなくなった直接の原因がこれです。

<SafeDiscとsecdrv.sysの関係> Windows8.1以前secdrv.sysがディスクを識別し、正規品だった場合SafeDiscは起動を許可し、
そうでない場合は起動を許可しない。

<secdrv.sysが削除された> Windows10

secdrv.sysの削除によりディスクの識別が不可能な状態に…。
正規品かどうかがわからないので、SafeDiscは起動を許可しません。

Windows10で遊べなくなった理由がだいたいわかったところで、
後はそれをどう解決するかです!

ドライバをインストールすれば解決?

削除されてしまったドライバをWindows7などからを持ってきて、
インストールすれば解決!
しそうですが、今度はWindows10のある特徴が問題に…。

Windows10の特徴

基本的にWindows10では署名のないドライバはインストールできません。
署名のないドライバ?…身元不明の怪しいドライバの事です。
という事で、セキュリティ上不審なドライバは簡単にインストールできません…。

※Windows7などから持ってきたドライバも署名のないドライバになります

Windowsテストモードと自己署名

Windows10で新しくドライバをインストールするためには、
Windowsテストモードという例外を利用します。
テストモードでは自己署名をしたドライバに限りインストール可能となります。

というわけでWindows10でアスカ見参を遊ぶためには、
ドライバの署名&テストモードへの移行が鍵となります。
ようやくですが具体的な手順を見ていきましょう!

遊ぶまでの具体的な手順

Windows10でアスカ見参を起動するまでに必要な手順は四つです。

  1. secdrv.sysドライバの取得
  2. ドライバの署名に必要な環境を整える
  3. ドライバの署名
  4. テストモードへの移行

Windows10でアスカ見参を遊ぶ方法は他にもありますが、
テストモードを利用するのが一番自然な方法だと私は思います。
あくまでもPC側を整えることでアスカ見参を遊べるようにするだけ!ですから…。

(参考)

起動までの具体的な手順は天翔記さんを参考にさせていただきました。

天翔記.jp

ある程度PCに詳しい方は天翔記さんを直接訪れた方がいいかもしれません。

※以下の内容はPC音痴な自分のための備忘録でもあります

<ご注意>
署名やテストモード移行など以下の作業を行った結果、
PCに何らかの不具合等が生じた場合、すべて自己責任となります。

※共用パソコン・仕事用パソコンでの作業はおすすめしません

secdrv.sysの取得

まずsecdrv.sysが必要になるので取得します。
Windows7からコピーしてwindows10に持ってきます。
※Windows8/8.1から持ってきてもOKみたいです

保存場所は好きな場所で問題ありませんが、
私はC:\Windows\system32に保存しました。

ほかにもsecdrv.sysの入手方法はありますが今回は省略させていただきます。
該当のパソコンをお持ちでない方はご自身で調べてみて下さい。

署名に必要な環境を整える

次にドライバの署名をするのに必要な環境を整えます。
※既にVisual Studioがインストールされている場合は飛ばして下さい

ドライバの署名には、
①Microsoft Visual Studio 2015
ダウンロード | IDE、Code、Team Foundation Server | Visual Studio
↑のVisual Studio Communityがいいと思います。
②Windows 10 SDK
Windows 10 SDK – Windows アプリ開発
この二つが必要になるので、ダウンロード&インストールしておきます。

(余談)
私の場合すでにVisual Studioがインストールされていたのでかなり簡潔に…。
以前使っていたパソコンでVisual Studio Communityのインストールに戸惑った経験があり、
今でもちゃんと説明できる自信がありません。
なので申し訳ありませんが、インストール等の詳しい方法は別途お調べください。

ドライバの署名

必要な環境を整ったのでドライバの署名をします。

「Windowsキー+s」 で検索メニューを出しVS2015と入力、
開発者コマンド プロンプト for VS2015を右クリック、
管理者として実行を選択します。
※インストールされているVisual Studioによって名前が変わりますが、

VS2015で検索して出てきたものを使えば問題ないと思います。

必ず管理者として実行してください。

起動するとC:¥WINDOWS¥system32>と表示されます。

これはどこで作業しますか?と聞いているイメージです。

C:¥WINDOWS¥system32はC:\Windows\system32ということです。
私はこのままsystem32で作業しました。

別途作業場所を指定してもいいのですが、よくわからなければそのままで!
この部分はPCによって異なりますがよくわからなければそのままで

先ずドライバの署名に必要なユーザーネームの登録署名をします。

makecert -r -pe -ss my -n “CN=%username%” %username%.cer
certmgr.exe -add %username%.cer -s -r localMachine root
certmgr.exe -add %username%.cer -s -r localMachine trustedpublisher

と入力し、エンター!

Succeededが三つあることを確認します。

問題なければこれでユーザーネームの登録署名成功です!
続いて、secdrv.sysドライバの署名に移ります。

signtool sign -v -s my -n %username% secdrv.sys
と入力し、エンター!

上の三行は先ほどのユーザーネーム登録署名です。

Number of files successfully Signed: 1となっていることを確認しましょう。
問題なければドライバの署名成功です!

開発者コマンド プロンプト for VS2015は閉じておきましょう。

最後に、ドライバのインストールをします。
①で保存したsecdrv.sysをコピーし、driversに貼り付けます。
実際はまだインストールできてませんが、残りの作業はあと少し!

※driversの場所?はパソコンによって異なると思います

(大事な余談)

コピー元であるドライバ(secdrv.sys)も消さずに残しておきましょう。
久しぶりにアスカ見参で遊ぼうとしたら起動できない!?
原因を探ってみると、なぜかsystem32/driversからドライバが消えていました。

※Windowsの自動更新で削除されることがあるみたいです

こんなこともあるのでバックアップ用に元のドライバは残しておくといいと思います。
再びdriversにドライバをコピペすれば問題なく起動できます。

テストモードへ

テストモード移行するにはTestSigningBirdを使います。
これはテストモードと通常モードを簡単に切り替えるツールです。
天翔記さんで公開されているTestSigningBirdをダウンロード・実行します。

天翔記.jp

起動するとテストモードと通常モードの選択肢がでるので、
テストモードを選択。自動で再起動されテストモードへ移行します。

起動できず「アクセスが拒否されました」と表示される場合は、
BIOS画面を開きセキュアブートをDisableに変更してみてください。

※BIOS画面の開き方はパソコンによって異なります

ゲームの起動確認

テストモードでは署名したドライバsecdrv.sysがインストールされます。
後はこの状態でAsfPcを起動するだけです!お疲れさまでした!


Windows10でアスカ見参が起動しました!

どこかで間違っている場合はその先の手順に進めないはずなので、
ここまでこれたならしっかり起動できていると思います、…きっと!

もし起動できない場合は、

①テストモードに移行しているかどうか?


デスクトップの右下にテストモードと表示されていればOKです

②drivers内にsecdrv.sysがあるかどうか?

この辺りをもう一度チェックしてみて下さい。

遊び終わったら通常モードに

一度テストモードに移行すると通常モードに戻さない限り、
以後は電源を落とし起動してもテストモードのままとなります。
便利といえば便利ですが、ちょっとだけ注意が必要です。

テストモードはセキュリティレベルが下がった状態なので、
ゲームを遊び終わったら通常モードに戻しておきましょう!

(余談)

セキュリティレベルの低下した状態って?
テストモードではウイルスバスターなどのセキュリティソフトが起動しない状態になります。
この状態でウイルス感染の危険性があるサイト閲覧などをすると…危険!
なんですが、逆に考えればネットブラウジングしなければ先ず問題ないのでは?

素人考えですが、オンラインで何かしなければ大丈夫なはずです。
私の場合、テストモードを利用しアスカ見参を遊んだ結果、
PCに何らかの問題・不具合が生じた…!なんてことはありません。

※あくまでもPC初心者の一意見です

最後に

最後に私が使ってるゲームパッドコンバーターをご紹介!

ELECOM JC-PS201UBK

初代PSとPS2のコントローラーがPCゲームに使うことができます。
今の時代いくらでも高性能なPCゲームパッドがあるとは思いますが、
アスカ見参みたいなシンプルな操作のゲームにはこれで十分です!

私はWindowsXP/7/10と長いこと愛用しています。
アスカにはこれと初代PSコンがおすすめです。
初代PSコンはとにかく軽さが魅力!長時間プレイにはもってこいです!

長くなりましたが以上となります、お付き合いありがとうございました!
みなさまが良いアスカライフをすごせますように…!

そして、アスカ見参な日々へ…!

スポンサーリンク
336-280





data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”4″
data-matched-content-columns-num=”2″

スポンサーリンク
336-280